tayutau

潤い

夏を越える
それは ちょっとしんどい
なんせ暑いのです

その暑さのさなかではありますが
暦では立秋を迎えようとしています

先日、
『暦と養生 -立秋・処暑編-』
 ”胃腸のケア&潤いキープ”
という会に参加しました
薬膳茶と暦と養生を知り夏を越えて秋を迎えよう
そんな、心持ちです

薬膳茶を教えていただくのは初めてでしたが
今月のブレンドのそれぞれの効用は興味深かったです
葉月ブレンドは
 黒豆、桑の実、柿の葉、荷葉、マテ茶
戴いてみると、黒豆と柿の存在感を楽しめました
 腸内環境整え、潤い、陰を補い、排出を助け、新陳代謝を高める
このお茶をいただきながら
温まりながら暦のおさらいへ

春に芽吹き、夏に茂った成長が
落ち着き、熟して実る
そういうふうに安定するのが秋です
草木だけのお話ではなく
人もこのように季節に添っています

胃腸をいたわり
乾燥に備えて潤いを大切に
気持ちを穏やかに
立秋の養生です

夏を越えるのは難しい、難越と同音の夏越
でも、頑張りすぎて
秋に折れて大崩れしてしまわないように
夏に ちょっとだけ 体調を崩して 休むのもまた養生
そんな 暦とのお付き合いを教えていただき
気持ちが軽くなりました

足湯

足湯用の器を新しくしました
まずは足湯からのたゆたう
ゆるんだら、さぁ推拿で潤いましょうか

ゆらねのね:節氣茶「葉月」 暦と養生講師・三木先生のブログです